Excelデータを視覚化!【スパークライン】と【REPT関数】

Excelデータを視覚化!【スパークライン】と【REPT関数】

Excelデータを視覚化!

【スパークライン】と【REPT関数】

数字だけが並んだ資料から、動向や推移、ポイントなどを読み取るのは時間がかかります。

魅せる資料で、データ分析にかかる時間を短縮しましょう。

ここでは、ミニグラフとも呼ばれる「スパークライン」と「REPT関数」を紹介します。

クイック分析を使って【スパークライン】を設定する

クイック分析はExcel2013から登場した機能ですが、グラフなどを瞬時に表示できる便利な機能です。

ここでは支店別売上の表をもとに、クイック分析を使って簡単にスパークラインを設定します。

Excelデータを視覚化!【スパークライン】と【REPT関数】

選択した範囲の右側セル内に設定されますので、[H列]は空けておきます。

1. セル[B4]~[G9]の範囲を選択

2. 選択範囲の右下に表示された「クイック分析」ボタン

3. 「スパークライン」タブ

4. 目的に応じて「折れ線」または「縦棒」

セル[H4]~[H9]の範囲に「スパークライン」が設定され、データの推移や大小がわかります。

Excelデータを視覚化!【スパークライン】と【REPT関数】

【スパークライン】の見せ方を編集する

Excelデータを視覚化!【スパークライン】と【REPT関数】

スパークラインの折れ線で、傾向が上向きか下向きかを、よりわかりやすくするために次の設定をします。

1. スパークラインを選択

2. 「スパークラインツール/デザイン」タブ

3. 「表示」グループ

4. 「頂点(山)」「頂点(谷)」にチェック

他に、「スタイル」や「スパークラインの色」を変更することもできます。

Excelデータを視覚化!【スパークライン】と【REPT関数】

スパークラインの「縦棒」は、それぞれの支店ごとに最小値、最大値を自動設定して比較していますので、東京支店であれば4月が最大、8月が最小なのは一目でわかります。

ただ、どの支店の売上が高いのかはわかりませんので、軸の設定を変更します。

1. スパークラインを選択

2. 「スパークラインツール/デザイン」タブ

3. 「スパークラインの軸」

4. 「縦軸の最大値のオプション」「縦軸の最小値のオプション」をそれぞれ

5. 「すべてのスパークラインで同じ値」にチェックします。

その結果、東京支店の売上がダントツであることがわかります。

Excelデータを視覚化!【スパークライン】と【REPT関数】

<スパークラインの削除方法>

スパークラインは、[Back Space]や[Del]では削除できません。次の方法で削除します。

スパークラインを選択➡「スパークラインツール/デザイン」タブ➡「グループ」の「クリア」▼ボタン➡「選択したスパークライングループのクリア」

【REPT関数】でデータの大小を視覚化

[REPT関数]は、文字や記号を、指定した回数だけ繰り返す(リピートする)関数です。

下の支店別売上では、[J列]に[REPT関数]を使って、視覚的に予算達成状況を表示しています。

セル[J4]には 『=REPT(“★”,I4*5)』と入力し、達成率が20%増えるごとに★が増えていく計算で、100%以上で★5つになります。

Excelデータを視覚化!【スパークライン】と【REPT関数】

まとめ

今回は、グラフを作るスペースと手間を省き、セル内に結果を“見える化”するワザ、「スパークライン」と「REPT関数」を紹介しました。

視覚化されたデータなら、一目で理解ができ、瞬時に次のアクションへとつながります。

資料作りが楽しくなること間違いなしです。

小さなお悩みでも、
お気軽にご相談ください!

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください

050-6867-2130
せるワザロゴ

セルワザでは、役に立つEXCELワザをご紹介しております!